ポリカーボネート板で様々な加工を施す【高品質なものを提供】

原料

色々な製品に使用

ヘルメット

プラスチックの歴史と変遷

アクリル板は世界中、あらゆるものに利用されている。アクリル板とは、プラスチックの一種である。そのプラスチックの歴史を見ていこう。プラスチックは、高分子と呼ばれる長く連結した鎖状の分子で出来ている。これの正体を初めて発見したのが、1926年ドイツのスタウディンガーである。さらに現代ではどこにでもあるプラスチックの前身となったものは、数千年前の遺跡で発見された漆器である。そこに含まれていたシェラック、アカシアに寄生する昆虫から抽出された工業材料である。その後、様々なプラスチックが発明され、1934年にアクリル板、もといアクリル樹脂が工業化された。その後、ポリエチレン、ポリ塩化ビニルなどが発明され、近年では高機能樹脂が発明された。

アクリル板のこれから

アクリル板は様々な製品に使われている。例えば、照明のカバーや道路標識など。我々にとって生活する上で欠かすことができない存在となっている。しかし、これからも今まで同様アクリル板は使われていくのだろうか。アクリル樹脂を加工し、良質なアクリル板を作るには、加工に時間がかかり、その分費用も嵩む。これからも使っていくためには、技術の進歩が必要だろう。より早く加工できる技術。今、技術が衰えつつある、日本でそれが可能かどうか怪しいところだ。さらに言えば、アクリル樹脂よりもさらに安価で良質なものが発明されるかもしれない。実際、現時点で高機能樹脂は発明されている。これからアクリル板がどうなっていくのか、とても興味深い。